▲ホーム

2012年3月 アーカイブ

空間デザイン住宅 Soraie オープンハウス開催中
2012年3月15日

soraie.jpg

外観.jpg

空間デザイン住宅Soraieオープンハウス

OPEN 土曜日・日曜日

10:00?16:00

岡山市南区浦安南町495?171

086?264?3133

平日のご案内はお気軽にお問い合わせください

soraieご案内.pdf


ナナメで着想する新しい空間創り
soraieは視線の広がりを重視します。
箱をずらしてナナメに使うことで視線はより遠くまで届き、おおきな開放感を生み出します。
もちろん平面だけでなく、スキップフロアなどを利用し、立体的にもナナメを生み出し、
余剰空間も視覚の広がりも、体験したことのないような空間を生み出します。
リビング-ダイニング.jpg
スキップフロアーを利用したスタディコーナーです。単にスキップさせるのではなく、光の奥行き、視線の広がり、余剰空間の利用。全てに意味を持たせています。




窓のひとつひとつのストーリー
Soraieでは窓のひとつひとつにこだわっています。
窓の役割は1つではありません。部屋に光を取り込むもの・風を取り入れるもの・そして景色を楽しむためのもの。
その部屋ごとの役割はもちろん、建物の周りの環境、夏冬の太陽を考慮し、窓の大きさや種類、取付位置やガラスの種類を考え設計しています。
ダイニングキッチン.jpg
暗くなりがちなキッチンには、ハイサイドに横長の窓を配置しています。北側の弱い光を型板ガラスで拡散させて、キッチンを柔らかい光で満たしています。




多層設計で空間をフル活用
Soraieでは空間を有効活用する手法を多く取りいれています。
スキップフロアもそのひとつですが、それだけがその全てではありません。
断面計画で、部屋の目的や用途にあわせて天井高さを変えたり、勾配天井を利用することで、今まで利用できなかった空間をフル活用しています。
寝室.jpg
目線の高さに広がるロフトを持った寝室です。勾配天井と下層の天井高さを調整することで、より大きな空間の広がりを実現しています。
ダイニングキッチン2.jpg
リビングに設けた半吹き抜けです。高天井のハイサイド窓から冬の日差しを部屋の奥まで取り込んでいます。完全な吹抜けにしないことがポイントです。
USS.jpg
リビングをスキップフロアとすることで生まれる床下空間スペース。収納としても趣味空間としてもお子様の遊び場としても用途は様々です。




意味のある空間設計
単にスキップフロアとしたり勾配天井にしても、邪魔になったり使いにくかったりしたのでは意味がありません。
ロフトを作ったけど、スキップフロアにしたけど・・・使いにくかったらただ段差のある邪魔な空間。
Soraieでは意味のある空間設計として、スキップフロアや勾配天井・吹抜けのメリット・デメリットを考え、それぞれのメリットをより大きく生かし、デメリットが小さくなるように設計しています。
子供室1.jpg
先ほどのリビング半吹き抜け上部のロフト風スペースです。ベットを置いたり、本を読んだりするには十分なスペースで、下段を広く使うことができます。半吹抜けで上層空間が無くなるデメリットを解消し、下の吹抜けのメンテナンスをしやすくしています。
中二階ベランダ.jpg
洗濯干場に最適な中二階ベランダです。水を含んだ重い洗濯物を移動させる距離を少なくしながら、外部からの視線や侵入を防いでいます。またスキップさせたベランダ下部は自転車置場や収納としても利用できます。
リビング.jpg
スキップフロアのリビングです。設計段階より家具の配置を検討することで、スペースをすっきりと有効利用出来ます。また家具をあらかじめ計画することで、必要な照明器具の位置・種類や窓の大きさや位置なども決まってきます。




ぜひ一度空間デザインという概念を体感してみてください!
今後の住宅計画の参考にしていただける部分も多いかと思います。

空間デザイン住宅Soraie 完成見学会!
2012年3月12日

空間デザイン住宅Soraieの完成見学会を3月10日・11日で開催いたしました!
沢山のお客様にご来場いただき、ご覧頂くことができました。
今後の住宅計画のご参考にいただけると幸いです。