▲ホーム

2011年2月 アーカイブ

【こだわりの南欧風自然住宅】上棟その2
2011年2月28日

続きまして、いよいよ上棟日当日。
上棟・・・いわゆる家の構造のうち屋根を支える梁のうち、最も高い位置にあるものを棟と呼び、その棟を上げる事を上棟と呼びます。
当日はレッカー車を読んで一気に構造体を組んでいきます。
上棟式を行ったり、お餅投げを行ったりするものこの日ですが、簡略化されてお札を掲げるだけの事の方が多くなっています。

レッカー車で構造体を釣り上げて組み上げて行ってます。FK様上棟4.jpg
そして棟が上がりました。
FK様上棟4-2.jpg
一番高いところに見えるのが棟木です
FK様上棟3.jpg
そして屋根合板を組んで屋根仕舞い完了です。
8寸勾配の屋根なので、かなり切り立った様子が解ると思います。
一日でこんなに進むんですね!とよく驚かれます。がプレファブなんかだともっと早くて、
窓なんかまで一日で付いたります。
ここからが内部・外部とも造作が始まっていきますが、
まずはここから中間の躯体検査を受けるところまで進めるのが第一歩です。

【こだわりの南欧風自然住宅】上棟その1
2011年2月26日

こだわりの南欧風住宅FK様邸。上棟を無事終えることが出来ました。
その途中経過をご紹介いたします。
1日での出来事ではありません、累計3日の工事になっています。
FK様基礎.jpg
型枠を外した基礎の状態です。
ここから大工工事が始まっていきます。
名前のとおり、家の基(もと)で礎(いしずえ)となる部分です。配筋量・コンクリート強度・養生期間などを計算し長く家の下で地面と家とを繋ぎ止め安定させるものです。
FK様土台.jpg
土台施工です。基礎と住宅の柱をつなぐ大切な部分です。
耐久性・防蟻・防腐の点から桧を使っています。
また土台の下に黒いものが見えて土台が基礎から離れているのが見えますでしょうか?
これが基礎パッキンと呼ばれるものです。
土台と基礎の間に空間を作り出し、土台の耐久性を上げるだけではなく、床下の通気をこの空間で取れるようにしています。
一昔前の住宅には基礎に穴が空いてましたが、最近の住宅は基礎に穴がない。それはこのような工法が発達したからですね。
FK様断熱.jpg
FK様邸は長期優良住宅を採用していただいておりますが、現在まきびの家づくりでは次世代省エネ基準を標準採用しております。その中の断熱性能の部分の一番最初に出てくる部分が床の断熱です。
在来工法では仕様の規定で熱抵抗値2.2以上(床)という数字が求められます。
これは床だけではないのですが、断熱材の断熱性能というものは性能x厚みで決まるものです。
なので、??を使っているから大丈夫!??だから駄目!
というものではなく、性能に加えて厚みが重要となってきます。
FK様1F合板.jpg
そして床に構造用合板を張って上棟準備完了です。
小さい木を使わず一枚の厚い合板を張っています。剛床と呼ばれる工法で、
床を一つの面材とし、また木の痩せも小さいため将来的な床鳴りなども少ないと思います。
ここまでを準備期間とし、上棟の日を待つことになります。

【猫ちゃんと一緒に遊ぶ暮らす家・F様邸】外壁工事・キッチン
2011年2月24日

外壁が完成間近です。
F様外壁2.jpg
シンプルで個性的な外観です!屋根にアイスシルバー色を配することで、綺麗なコントラストになっています。
F様外壁3.jpg
使用しているのはKMEWの親水セラという、雨の水で汚れを分解して落すセルフクリーニング機能がほどこされた外壁材です。長い使用の中でも汚れにくく安心です。
また釘では無く、15ミリの通気金物を使用して固定しているため、外壁内に通気層が確保でき、湿気がたまりにくい構造になっています。


これからキッチン部分の施工に入ります。今は何も無くがらんとしています。F様キッチン施工前2.jpg
ここからキッチン部分の造作に入っていきます。
ガラスブロックや奥様考案の調味料(?)スペースなどを持った機能的でおしゃれなキッチンとなる予定です。

【猫ちゃんと一緒に遊ぶ暮らす家・F様邸】キャットステップ
2011年2月17日

猫ちゃんと一緒に遊ぶ・・・猫ちゃんと一緒に暮らす住まいの秘密がたくさんあります。
大きな吹き抜けはリビング空間を開放的にする為だけではありません。
ここを使って猫ちゃんが遊ぶ、一緒に暮らす空間となる訳です。

今日はそのひみつの一つキャットステップのご紹介。
F様キャットウォーク.jpg

リビングから連なる階段吹抜け上部のキャットステップです。
カウンター材を利用して壁に埋め込んでいるところです。

F様キャットステップ.jpg

大きなFIX窓の下台を伸ばしてキャットウォークができています。
そこから階段のように上がっていっているのがキャットステップです。
一番上には・・・・猫ちゃんの秘密の休憩場所が出来る予定です。

F様キャットステップ図面.jpg

こんな感じになる予定です。・・・・吹抜けの反対側もまた少し違うキャットステップが・・・
こちらはまた次回ご報告します。

【こだわりの南欧風自然住宅】基礎工事
2011年2月 8日

こんにちは。
いよいよ、【こだわりのプロヴァンス風自然住宅】の着工をさせていただきます。
まずは完成予想パースはこんな感じです!
FK様完成予想図1.jpg
反対側は・・・こんなイメージで。
FK様完成予想図2.jpg
左官篭手仕上げの外壁をベースに、石貼りでアクセントです。
ブロックで隠れてしまってますが、リビングとダイニングをつなぐオープンデッキが
明るくひろびろとした空間をつくってくれるはずです!

FK様基礎工事.jpg
基礎工事の要となる鉄筋配筋です。
構造計算に基づきかなりの量の鉄筋が入っています。

お隣りの足場の上から全景です。
FK様基礎全景.jpg
なかなか見る機会が無い上からの配筋風景です。
綺麗にならんだ鉄筋がきれいです。

FK様基礎スリーブ.jpg
基礎のスリーブです。配管を直接コンクリートに埋め込まずにスリーブの中に入れます。
将来コンクリートを壊さずに交換・メンテナンスをするためです。

【猫ちゃんと一緒に遊ぶ暮らす家・F様邸】鉄骨階段・吹抜
2011年2月 3日


鉄骨階段のフレームの取付・塗装が完了しました。
キャットウォーク・ステップと並ぶ、お施主様こだわりリビング空間のポイントです!
すっきりとした開放感あるリビング空間・吹抜け空間となるよう、
鉄骨のフレームに集成材の踏み板を取り付けたシンプルな設計になっています。

F様鉄骨.jpg
鉄骨部分のフレームです。赤く見えているのは錆止め塗料です。
極力サポートを少なくすっきり見せるため厚みは16ミリの鉄骨を使用しています。

F様鉄骨手摺.jpg

同じく2F廊下部分から望む吹抜けと鉄骨手摺です。
正面に見えるのは・・・巨大なFIX窓です。
完成したら凄い景色になるはずですが、まだイメージしづらい状態です。。。

F様鉄骨塗装.jpg

そして鉄骨部分に塗装しています。だいぶ階段らしくなってきました。
まだ踏み板は仮に合板を置いて上がれるようにしている状態ですね。

F様鉄骨手摺塗装.jpg

同じく2F廊下部分から望む景色です。
開放感あふれる感じが出てきました!この後は少しおいて踏み板の施工になります。

このリビング空間にキャットウォーク・キャットステップがどのように融合するでしょうか。。。乞うご期待です!