▲ホーム

2011年5月 アーカイブ

【こだわりの南欧風自然住宅・岡山市南区】秘密の小屋裏部屋
2011年5月28日

2Fの廊下にある収納梯子を登って行くと・・・
FK様小屋裏1.jpg
そこはご主人様の秘密の隠れ家が・・・・
FK様小屋裏2.jpg
秘密と言ってももちろんご家族みなさんご存知ですし、、チキンと建築確認申請も受けています。
天井高さ1.4m以内に抑えることで、小屋裏部屋・ロフト・中二階・USS(地下収納)として、余剰空間を利用することが出来ます。(各地域の主事さんの判断も大きいようですが)

ちょっと大人の方が歩くには屈まないと難しいですが、お子様の遊び部屋や書斎や趣味の空間としては十分使えます。

FK様外観1.jpg

外部は足場が外れました。
今は外部の仕上げ・左官タイル工事に進んでいます。
FK様外観玄関.jpg

趣ある雰囲気に仕上がってきました。
アクセントの擬石貼りがかなり良い味をだしています。

【こだわりの南欧風自然住宅・岡山市南区】石張りでアクセント
2011年5月16日

石工事を行っています。
FK様偽石1.jpg
石と言っても、やはり剥落の可能性もあるので擬石で重量を抑えています。
それでも擬石と言われなければ解らないほど、重厚感あふれる仕上がりになっています。
FK様偽石2.jpg
近くから撮影しています。石の厚みが25ミリ?65ミリもあります。
玄関の枠よりも飛び出してしまうので、なるべく厚みの薄いものをサッシ・枠周りにはつかっています。
FK様偽石3.jpg
余ったものを手にとってみました。
軽石とか発泡のような感じはなく、やはりズシッと手に来ます。
本物の石に見えるほどの仕上げになっています。
FK様擬木.jpg
こちらは擬木です。
本当の木ではやはり捻りや腐食もありますので、セメント系の材料を使っています。

これで下準備は完了です。

ここから外壁の仕上げ工事に入っていきます。

【こだわりの南欧風自然住宅・岡山市南区】安心の防振吊木・省令準耐火構造
2011年5月 9日

内部もどんどん部屋らしくなってまいりました。
完成すると隠れてしまう、吊り木・石膏ボードを施工しています。

FK様防振吊り木.jpg
中央に見えている黒いもの?は防振吊木と呼ばれるものです。
2Fからの歩く音や掃除機の音を、ゴムや特殊プラスチックで軽減する材料です。
JOTO 防振吊木
http://www.joto.com/bouon/boshin.html
フラット35を行っている住宅金融支援機構が定める、省令準耐火構造にも対応する商品です。
省令準耐火構造は火災に対しての安心があるだけでなく、火災保険が耐火構造の料率が適用されるので保険料をかなり割安にすることができます。
石膏ボードに段差が見えるのは、省令準耐火構造の天井の仕様のひとつで、9ミリの石膏ボードを二重張りしているためです。
FK様R壁.jpg
玄関部分です。
奥に見えるのは三共立山サッシの玄関ドアナチュレです。
サッシの上がRになっている珍しいサッシで、
それに合わせて外壁もR型にとっています。